ホーム > 卒後臨床研修について > 清水教授からのメッセージ
卒後臨床研修について

清水教授からのメッセージ

皮膚科学は、皮膚に病変がある疾患全てをあつかう「眼で見える」General Medical Scienceです。したがって皮膚科医には皮膚疾患の知識はもちろんのこと、内科的知識、外科的技術、病理診断能力が必須です。また疾患についての知識も膠原病、皮膚腫瘍、アレルギー、先天性疾患など多岐にわたるものが要求されます。

私は意欲のある若い先生と一緒に、次世代の皮膚科を創りたいと強い熱意をもっています。当教室は、皮膚科専門医を目指す研修医に対し、世界のどこの大学にも負けないような充実したレベルの高い研修医教育を提供できるよう、真剣に努力しています。大志を抱き、皮膚科専門医としての基本姿勢ならびに国際レベルの皮膚科サイエンスを体現して欲しいと考えています。北大皮膚科で研修して、日本の、そして世界の皮膚科学のリーダーを目指してください!

卒後臨床研修について
卒後臨床研修トップ
研修システムの紹介
北大病院で初期研修を
受ける方
北大病院以外で初期研修を
受ける方
清水教授からのメッセージ
基本理念
研修施設
皮膚科専門医について
大学院について
留学について
入局問合わせ
よくある質問
入局問合わせ

ページトップへ戻る↑